『千鳥ヶ淵の桜たち 其の二』

千鳥ヶ淵の桜染は誰が植えたのでしょう。
皇居にはお濠が12有りますが、なぜ千鳥ヶ淵にだけ桜がさいているのでしょうか?
なぜ、東京の桜開花の標本木が靖国神社にあるのか?

そんな疑問にお答えできる、桜のお好きな方必読の一冊です。

著者:岡村比都美(桜コーディネータ)
2018年3月29日 発刊
A5版 フルカラー 36ページ

¥ 500

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の送料は、配送方法によって異なります。
配送方法は、ご購入時に選択することができます。
  • ゆうパック

    日本郵便が提供する宅配サービスです。荷物追跡に対応しています。

    全国一律 800円
  • ヤマトメール便

    但し2cmの厚みのものまでに限る。

    全国一律 100円
通報する